春日部で一戸建てのことならファン設計

最新情報/2012-03-13

Top / 最新情報 / 2012-03-13

改修工事

こんにちは、(家で塩麹を作ったのですが、
どう料理すればよいか分からない)飛鳥馬です。

先日、とある業者さんから
「天井から水漏れがしているので、見てあげてもらえますか。」
との連絡がありました。

連絡を受けた時が夜遅くだったので、
その日は電話連絡のやり取りだけさせていただき、
翌日になってしまいましたが急いで伺いました。

伺って状況を見てみると、天井に穴が開いておりました!

今までの漏水の経験上、水染みが浮き出てきたり、
どこかの隙間から水がたれてきている、
という症状は経験していたのですが、
穴が開いたのを見ることは初めてでした。

(ちなみに穴の大きさは1センチ角くらい)
12ミリの厚さの石膏ボードに穴をあけるなんてスゴイ!

今回の家を建てた会社は、
市内で大きく事業展開をしていた建築会社です。
数年前に倒産してしまいました…。

そのため今回の改修に縁あって担当させていただきました。

天井を少し壊して原因を調べていくと、
どうやら真上にある2階のユニットバスに原因があるようです。

怪しい所に水をかけると、
ユニットバスの床の隅から漏水部分に、
バチャバチャと水が流れてきました…。

また漏水部分の近くにはお風呂の追い炊き用配管があったのですが、
ちょっと普通ではやらないやり方で工事をしています…。

今回の水漏れの部分が施工不良ではなかったとしても、
今度はこちらから漏れたでしょう…。

まさかの二重不良です。

ユニットバスの入り口ドアの上には、
工事やお風呂の仕様内容が書かれたシールが貼られているのですが、
今回は見当たりません…。

新築工事をしていた頃は既に業界内に悪い噂が流れていたので、
こういう工事につながっていたのですかね。

さらに改修をしていると、「あれ?」って思うところがありました。

それはまた次回にお話しします。



コメント


認証コード(7071)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional