春日部で一戸建てのことならファン設計

最新情報/2012-03-14

Top / 最新情報 / 2012-03-14

改修工事後編

こんにちは、(3日連続で昼食はカップラーメンを食べている)飛鳥馬です。

前回の漏水改修工事の続きです。
ユニットバスの漏水がメーカーさんのメンテナンスで
完全に止まったようなので、
職人さんと改修することになりました。

天井の石膏ボードを壊して、新しい石膏ボードを張り、
雨漏りしていた部屋の天井一面を新しいクロスで張り替える作業です。

天井を壊してみたら、いろいろ勉強になることがありました。
家の金額は高くも安くもない平均的な会社です。
だいたいファンハウスと同じようなところですかね。

でも、中身は違いました…。
見た瞬間、「なるほど~、こうやってコストカットをするのか~。」
とつぶやいてしまいました。

イヤミでも愚痴でもなく、素直な感想です。
使っている材料も少なく、大工さんの時間もかからないようになっています。

配管の固定もあまり見られませんでした…。
職人さんの単価は安いことを聞いていたので、
仕事もそれなりになっているようでした。

+αの工事をしている様子もありません。
こういうところって、完成して最初の頃は気が付かないのですが、
時間が経つにつれ、ゆっくりと症状に表れてきたりします。

それと場合によっては工事基準に逸脱している恐れもありました。

『家』って他の『物』と違って、
リフォームなどをしながら長くお付き合い出来ます。

どんな工事をしても外からふさいでしまえばバレないから、と思っても、
ちょっとした機会に正体がバレたりします。

でも、正直に、真面目に仕事をしていれば、
後で何があっても堂々としていられます。

それは住む人の安心にもつながると思っています。
利益も大切ですが、真面目に仕事をすることを心がけて、
これからも頑張りたいと思います。



コメント


認証コード(8021)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional