春日部・越谷で一戸建てのことならファン設計

最新情報/2011-11-19

Top / 最新情報 / 2011-11-19

住んでる家の見学会

住んでる家の見学会住んでる家の見学会住んでる家の見学会

住んでる家の見学会住んでる家の見学会

こんにちは、久々に食べた葛餅は抜群に美味しいと思ったファンハウスの飛鳥馬です。

今回の内容ですが、読み返したら硬い文でしたので、

真面目な話に興味のない方はスルーしてくださいね。

住宅に関していつも色々と考えます。

それは私だけでは無いと思います。

ちっちゃな、本当にちっちゃな会社の方はそうだと思いますし、そう願います。

「どうやって建てたら建て主さんに喜ばれるだろう…。」

「どうやって建てたら家は長持ちするだろう…。」

「どうやって建てたらさらに地震に強い家が建つだろう…。」

などなど。

ただ残念なのは、自分たちの会社をみなさんに知ってもらう仕組みが分かりません…。

いつしか多くの会社は、

『良い家を建てる仕事』から『お客さんと知り合って契約をとる仕事』

に仕事の内容がシフトしていってしまうのです。(たぶん)

自分の会社を知ってもらうための『営業』という部分は必要です。

ちっちゃな会社で技術を売っている人たちにとって、

本来お客さんへ特に役に立てるのは、『希望の家を建てる』ことなのです…。

家を考える方は、知名度の高いメーカーさんへ相談する方が多いです。

家の仕様や金額が(うわべ上)わかりやすいですし、

営業マンを抱えている会社がほとんどですから、見積もりや相談の対応も早いです。

相談者との応酬話法も訓練されていますし、

どんな営業マンが好感を持ってもらえるかもわかっています。

作業着を着て毎日現場で汗をかく人たちは、

『どうしたらお客さんが喜んでもらえるのか?』

『どうしたら綺麗に納まるか?』

『どうしたら他の職人さんの仕事がやりやすくなるだろう?』

なんて毎日考えている人たちではかないません…。

『どうしたら売れるだろう?』

と毎日考えている人にはかないません…。

でも私は現場を第一に考えてくれている人をどうにかアピールしたいと考えます。

スト~~~ップ!

愚痴っぽいこと止め~!

じつは営業が下手なファンハウスのために、

OBの建て主さんが『チラシ』を作ってくれたのです!

「こんなのはどうですか?」って…。

もう、感謝と恐縮の気持ちがいっぱいです。

心のこもったチラシを使わせていただいています。

それは戦略のプロたちから見れば評価されないかもしれません。

でも間違いなく会社の『宝』です。

本当に手を加えていない100%無添加な、

OBさんが会社のために作ってくれたチラシです。

みんなのためにも頑張らなくっちゃ!

≪追伸≫

いよいよ明日、OBの建て主さんの家をお借りして、見学会を開催させていただきます。

めったに行っていない見学会ですので、家づくりに興味のある方は見に来てくださいね♪



コメント


認証コード(9889)

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional