春日部で一戸建てのことならファン設計

最新情報/2012-03-09

Top / 最新情報 / 2012-03-09

営業マン どちらを選びますか?

こんにちは、(赤べこストラップを買った)飛鳥馬です。

あなたどちらが『良い会社』だと思いますか?
○親切で優しく、とにかく良い感じの営業マンが担当してくれる会社
○家の説明は ほどほどですが、全ての過去の建て主さんの家が案内出来る会社

画像の説明

                      (資料参考 イエマガ)
業者を決める時、
「担当の営業が良い人だったから」
と答える方が非常に多く感じます…。

現に今まで建ててくださった方で、
私もここに当てはまる建て主さんが有難いことにいるかもしれませんし、
全てを否定するつもりはありません。

ただ、海千山千の人も多くいる業界で、
そんなに簡単に信じられるものでもないと思っているのですが…。


家は今でも人の手で作り上げられる部分が多いので、
家を建てるにあたり、
人と会社を信じなければならないところがあると思います。
でも営業マンに限らず、人はハッキリ言って簡単には見抜けません。


そもそも営業マンや担当者は良い人で当たり前なのです。
逆から捉えていただけると分かりやすいですが、
良い人でなかったらどう思われますか?

打ち合わせをしていても上から目線だったり、
対応が横柄だったりしたらどう思うのでしょう。
この会社とは縁が無かった、で終了になってしまうのです。
だから『良い人』は当たり前なのです。


むしろ自分を正直に出しての性格で打ち合わせにのぞんでくれている人の方が、
裏表が無くて信用できるかもしれません!


それに信じていた担当の方が営業所の移動や会社を辞めたら、
どうなってしまうのでしょう…。

そんなことが無くったって、寂しいことに建築会社と建て主さんの距離って
だんだん広がってしまうのが当たりまえなのですから。

私は自分たちを信用してくれた建て主さんの気持ちに応えて、
建てる前も建てている時も、
そして建てた後もその気持ちに応えていきたいと思っています。

でも営業をするにあたり、
『営業マン』という言葉では同じ人種でくくられてしまいます…。


話したい内容とそれてしまいましたが、
昔働いていた会社の営業マンのお話しです。
お客さんとのコミュニケーションの取り方が上手で、
契約を何件もとれる営業の人がいました。

会社の役職にもついていた人です。
職場の周りの人からは人間性に疑問を持たれていましたが…。
でも口は達者なので、とにかくお客さんウケが良く、
お客さんを信用させる才には長けていたのです。

でもある日、会社のお金の使いこみや、
お客さんのお金の使いこみが発覚し、
会社をクビにされ、裁判所へ訴えられてしまいました。

この営業の人が担当した家にも仕事でかかわりましたが、
お客さんからは何かある度に「(営業の)〇○さん、〇○さん」と
親しみを持って声をかけられていたのですけどね…。

建築業界って、こんな話しは珍しくないようですよ。
これを読んでいる方も別にたいして珍しくないと思っているかもしれませんが、
自分が騙される側の立場になったらどう思うのでしょうかね…。

お金を騙し取られていたり、家をてきとうに仕上げられたりしていたら。
というより、騙されることが無いと思っているかもしれませんし、
それこそ騙されていることに気が付かないのかもしれません。

そんなことで良いのでしょうかね…。
自分は色々な意味で悔しいなぁ。


人柄を見抜くことって、とても難しいことですよね。
それは会社も同じことだと思います。
特に家は高い買い物ですから、慎重に考えてくださいね。

私は、自分を信用してくださいとは言いません。
全ての答えは、今までの建て主さんの家にあるとも思っています。

ぜひ会社の進める建て主さんの家だけ行くのではなく、
自ら見に行く場所を指定して、訪問してみてください。
そこには会社が語らない、多くの真実が待っていると思います。

家はわりとトラブルになることも多く、
過去にトラブルになったお客さんの所には
爽やか風な営業マンさんも連れて行きたがりませんから。



コメント


認証コード(4495)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional